家庭教師アルバイトについての情報が盛りだくさん!!

家庭教師のバイトしてみませんか!?

指導のポイント

生徒のやる気をつくる

生徒が自信をなくすような言動はしないようにしましょう! 「バカ」・「頭悪いな」・「こんなの小学生でもわかるよ」・「何でこんなのもわからないの?」・「俺はもっとできた」などなど・・・。
発憤させようと思っても逆効果になることがほとんどです。生徒はまだ子供なので基本は「ほめて伸ばす」スタイルが効果的です。特に小学校受験などの幼児の場合は気を遣って下さい。

押しつけ発言・威圧・プレッシャー発言は禁句

押しつけるように、「分かったでしょ?」・「分かるよね?」的発言は逆効果です。生徒は勉強があまり好きではないという子がほとんどです。押しつけ発言は「やらされている」感が強まり、勉強意欲の限定につながります。「分からなかったら何でも聞いてね」と話しかけてあげ、生徒に質問しやすい印象を与えることが大切です。

指導時間はメリハリをつける

雑談も無く、ただ機械的に教えたり、ただ宿題出しても絶対習慣は付きません。休憩いれたり、勉強以外の話も時々してあげたりなど、楽しくメリハリをつけてやっていきましょう!勿論、雑談ばかりになるのは注意して下さい。その子の集中力やその日の調子にあわせてペース配分を考えるのも、家庭教師の大事な仕事です。

宿題の出し方を工夫しよう

生徒のレベルに合わせて無理なく、かといって楽すぎないように宿題の量を毎回調整しましょう。

目標をもたせよう!!

生徒のやる気を作ったり、それを持続させていくのは、かなり大変なことです。 ただ、生徒自身が自分でヤル気を持続できるようなら、最初から家庭教師は頼みません。ですから、成績をあげるだけではなく、「やる気を作る」ということも含めて、ご家庭からお願いされています。やる気がなくても生徒だけのせいにせず、常に楽しく出来る工夫をしていきましょう!!

※もし、「どうせやってもできない」 「別にできなくてもいいや」 など、自信をなくしているようなら、「やればできる」 「できるようになったら楽しい」 そんな気持ちを作ってあげましょう。

Copyright:(c)2008 家庭教師のバイトしてみませんか!?. All rights reserved.